株式会社アファン製品案内
製品案内ユーザーの声スポーツ脳とはよくある質問購入方法会社概要スクール案内お問い合わせ

動体視力の鍛え方

動体視力トレーニング・マニュアルDVDでは、武者視行における詳細なトレーニング方法を紹介していますので、是非お買い求めください。


テストの全種目でレベル8に到達するまでは、あきらめずに根気強くトレーニングを続けてください。このレベルに到達するまでの期間には個人差があります。早い方では2週間で到達される場合もあります、遅い方では3ヶ月以上かかる場合もあります。期間がかかったとしても、努力して最終的に高いレベルに到達できれば良いのです。先天的な才能の差より、努力を継続できることの方が重要です。継続こそ力であり。継続できることも才能です。 週3〜5日、1日20分程度(イメージトレーニング3分+3分×5種目)のトレーニングが理想的です。長時間の使用は目にも負担をかけますし、集中力が続きません。脳トレーニングは、だらだらと長時間やっても意味がありません。短時間に集中して効率良くトレーニングをしてください。なお、一定の効果を得たと判断され、その現状維持を目指す場合は、週1日、10分程度のトレーニングを継続してください。

下記ボタンをクリックすると商品説明の映像が表示されます。(表示には時間がかかります)

 トレーニングのコツ
脳速視力ソフトでは、「素早い直感的な判断力」を鍛えます。レベル5以上をクリアするためにはじっくり論理的に考える暇はありません。レベル5以降は、あまり正解率は気にせずに、素早くリズム良く軽快に回答していってください。深く考えようとすると身体にまで力が入り、動作が鈍くなってくるので気をつけてください。
人間は、判断力が鈍くなると行動も鈍くなるということに気付いてください。
なお、 トレーニング中、自分の判断に躊躇したり、不正解時に首を傾げるような動作はやめましょう。 正解でも不正解でも気にせず、ますはスピードを優先してリズムよく回答してください。まずは判断のスピードを高めることを優先してください。正解率(正確性)は後からついてきます。正解率(正確性)を高めながらスピードを徐々に高めていくのではなく、逆に先にスピードを高めて、後で正解率(精度)を上げていくという逆転の発想です。
 
 周辺視トレーニング
目をキョロキョロと動かしながら見てはいけません。画面の中心を見据えたままで画面全体を見渡すよう心がけてください。
画面の内側と外側とをかたよりなくバランス良く見渡してください。片方に意識がかたよると片方が見えないという状況になりますで、両方のバランスを保つよう意識をコントロールしてください。
 
 瞬間視トレーニング
ボールを1個ずつ、あるいは複数ずつ数えるという方法ではなく、画面全体を見て直感で答えるようにしてください。ここでは数えたくても我慢して、大体このくらいのボリュームだったら、このくらいの数だろうといった具合にアバウトな感覚=直感で回答してみてください。最初は全く正解できないかもしれませんが、慣れてくると徐々に正解率が高まっていきます。
 
 記憶視トレーニング
画面の状況を脳裏に焼き付けるというイメージで行ってみてください。人間は数字7桁程度までを記憶することができると言われています。是非、根気強くトレーニングしてください。
 
 比較視トレーニング
まず最初に、左右交互に視点を切り替えながら、左右のパターンの違いを1箇所ずつ順に(識別)見比べていきます。違う箇所を見つけたら、次には、それがどこと入れ替わっているのかを探索します。ロジック的にはこのように2段階の識別・探索作業が必要となりますが、これを直感的に一瞬で見極められるようトレーニングしていきます。
しばらく画面を見ていると、乗り物に酔うような気分になることがありますが心配いりません。これは前庭覚を刺激し視覚を通じた平衡感覚を鍛えるトレーニングにもなります。
 
 先見視トレーニング
ブロックの表示パターンを記憶して、次の動きを予測します。言い換えると、記憶のインプットとアウトプット処理を高速にするトレーニングともいえるでしょう。はっきりと答えが確証に至らなくても直感的に回答していくと、自ずと正解率が高まっていきます。
 
ページUP